神戸大学・鶴田宏樹

SDGs、地域の社会課題を本気で考えるためのコース

  • ◆ どういう人を対象としているのか

    SDGs目標などの社会が抱える問題に関心のある方 複雑な社会課題を紐解く力、解決策を考える力を身に着けたい方

  • ◆ 具体的に何に役立つのか

    起業への挑戦も含め、複雑な社会の課題に立ち向かい、これからの人生を生き抜くためのスキルと考え方として役立ちます。 具体的には、デザイン思考、システム思考、論理的思考、複眼的問題認識を学び、グループワークでの実践で身に着けます。

  • ◆ プログラムの特徴

    これまで、災害などに対してどのように準備、対策、復興を進めるかについて、震災を経験した東北や神戸、北海道地域の学生と一緒に考えてきました。その中で、単純化できない複雑な社会課題について、多様な視点から問題を整理して認識し、そこから新しい価値を生み出す方法論を開発してきました。複雑で解決が一筋縄ではいかない問題を如何に理解するのか、そこから設定した課題を解決することでいかなる満足を社会に与えるのか、そのための考え方を体験できます。

  • ◆ 学生に向けたメッセージ

    複雑な社会の課題に立ち向かい、新しい価値を社会に提供する力を身に付け、一緒に新しい時代を創っていきましょう。

  • ◆ プログラムの内容

    オンデマンド講義とオンライン講義の組み合わせで、共感・課題設定・アイデアの発想・価値定義を「右往左往」しながら思考を反復するプログラムです。

  • ◆ グループワーク

    Teams を用いたオンライングループワークを行います。

  • ◆ 宿題

    授業前にオンデマンド講義視聴の事前宿題を出します。 1本15分程度、全部で5本程度を想定しています。

東京大学・馬田隆明

新しいチャンスを見つけて活かす具体的な方法論を学ぶためのコース

  • ◆ どういう人を対象としているのか

    ビジネスに限らず、今後新しいことを始めようという方

  • ◆ 具体的に何に役立つのか

    新しいチャンスを見つけて活かしていくための具体的な方法論を、ビジネスでの起業という文脈に即しながら身に着けることができます。 特に今後のキャリアの中で新規事業や起業に携わりたい人や、新しい何かを始めて社会の役に立ちたい人が、そのための基本的な考え方を学ぶことにこの講義を役立てていただきたいと思います。

  • ◆ プログラムの特徴

    東京大学では起業家が続々と生まれています。本プログラムの講師は数年にわたり東京大学で起業家の支援をしてきており、優れた起業家が共通して持つ資質や能力を傍で見てきました。 本プログラムではその中でも特に重要な仮説検証や実験といったスキルを、グループワークでの実践を通して皆さんにお伝えできればと思います。

  • ◆ 学生に向けたメッセージ

    本プログラムでお伝えするスキルは、起業に限らず、研究やサークル活動など、新しい何かを始めるときに使えるため、ビジネスに興味のない方もぜひ一度参加してみてください。また、オンラインで実施するため、同じ興味を持つ他大学の同年代ともつながれる機会ともなります。ぜひ活用してください。

  • ◆ プログラムの内容

    実践的なプロジェクトを通して、ビジネスにおける仮説検証と初期のビジネスの立ち上げ方について学ぶプログラムです。

  • ◆ グループワーク

    2回行います。1回目は既存のスタートアップのアイデアを使ったワークを行い、2回目に自分たちのアイデアを用いたワークを行います。

  • ◆ 宿題

    動画視聴とワークの一部が宿題として出ます。一回当たり30分から50分程度を想定しています。