文部科学省令和3年度 産学官連携支援事業委託事業

全国アントレプレナーシップ人材育成プログラム

世界を変える、自分を変える一歩踏み出す勇気を手に入れてみませんか? 様々な困難や変化に対し、与えられた環境のみならず自ら枠を超えて行動を起こし新たな価値を生み出していく精神(アントレプレナーシップ)の醸成を目指すプログラムです。これからの日本の未来を担う、多くの学生のご参加をお待ちしています。 < 選べる2コース > 1.SDGs、地域の社会課題を本気で考えるためのコース(冬季休暇中3日間集中)2021年12月27日開始 2.新しいチャンスを見つけて課題解決やビジネスに活かす具体的な方法論を学ぶコース(毎週木曜日約8週間)2021年12月2日開始

ABOUT

背景・事業紹介

新たなウイルスによる感染症の流行や大規模災害、急速なテクノロジーの進展など、大きな課題や困難、急速な社会環境の変化が生じています。また、SDGs目標や脱炭素社会の実現、巨大な富の偏在化への対応等の複雑で一筋縄では解決できないグローバル課題への対応が求められています。 このような状況下、様々な困難や変化に対し、与えられた環境のみならず自ら枠を超えて行動を起こし新たな価値を生み出していく精神(アントレプレナーシップ)を育むことが重要です。 以上のような背景に踏まえ、文部科学省では、全国の大学生・大学院生を対象としたオンライン形式でのアントレプレナーシップ人材育成プログラムを試行的に実施し、全国の大学生・大学院生のアントレプレナーシップの醸成を目指しています。

背景・事業紹介イメージ
PROGRAM

プログラム内容

全国アントレプレナーシップ人材育成プログラム(以下、本プログラム)では下記2つのコースを開催いたします。

コース1:冬季休暇期間中3日間の集中コース※ 私たちの日常生活の中から社会課題を発見し、グループワークを通じて解決策を模索していくプログラムとなります。いかに課題設定ができるか、社会的価値や経済的価値をどのように創出していくかを学んでいくプログラムとなります。 ※授業前にオンデマンド講義視聴の事前宿題(15分×5本程度を想定)

コース2:毎週木曜日約8週間のコース アントレプレナーシップを学び、実際に行動に結びつけていくために重要となる、仮説立案・検証、プロトタイプ開発や顧客インタビュー、市場調査や競合調査などについて、グループワークを通じて学んでいくプログラムとなります。 ※動画視聴とワークの一部が宿題(一回当たり30分から50分程度を想定)

  • 神戸大学・鶴田宏樹
    神戸大学・鶴田宏樹

    コース1:SDGs、地域の社会課題を本気で考えるためのコース

    ■概要

    私たちの日常生活の中から社会課題を発見し、解決策を模索していくプログラムとなります。いかに課題設定ができるか、社会的価値や経済的価値をどのように創出していくかを学んでいくプログラムとなります。

    ■対象:大学生・大学院生

    ・SDGs目標などの社会が抱える問題に関心のある方
    ・複雑な社会課題を紐解く力、解決策を考える力を身に着けたい方
    • 第1回
      12/27(月)13時20分~14時50分
      イントロダクション問題設定、問題分析チームビルディング
    • 第2回
      12/27(月)15時10分~16時40分
      課題設定とブラッシュアップ
    • 第3回
      1/5(水)13時20分~14時50分
      ソリューションアイデア創出 ブレインストーミング
    • 第4回
      1/5(水)15時10分~16時40分
      価値定義
    • 第5回
      1/8(土)13時20分~14時50分
      社会的価値と経済的価値
    • 第6回
      1/8(土)15時10分~16時40分
      発表(一部)・講評クロージング

    プログラム設計・運営教員

  • 東京大学・馬田隆明
    東京大学・馬田隆明

    コース2:新しいチャンスを見つけて課題解決やビジネスに活かす具体的な方法論を学ぶコース

    ■概要

    新しいチャンスを見つけて活かしていくための具体的な方法論を、ビジネスでの起業という文脈に即しながら身に着けることができます。特に今後のキャリアの中で新規事業や起業に携わりたい人や、新しい何かを始めて社会の役に立ちたい人が、そのための基本的な考え方を学ぶことにこの講義を使っていただければと思います。

    ■対象:大学生・大学院生

    ・ビジネスに限らず、今後新しいことを始めようという方
    • 第1回
      12/2(木)19時00分~20時30分
      ガイダンス、スタートアップとは何か、アイデアと仮説
    • 第2回
      12/9(木)19時00分~20時30分
      Group Work #1 サーベイの結果共有、仮説検証の考え方と顧客インタビュー
    • 第3回
      12/16(木)19時00分~20時30分
      Group Work #1 ピッチ準備、トラクションを得る
    • 第4回
      12/23(木)19時00分~20時30分
      Group Work #1 ピッチと相互評価、チームでの振り返り
    • 第5回
      1/6(木)19時00分~20時30分
      振り返りレポートの共有、価値(課題と解決策)
    • 第6回
      1/13(木)19時00分~20時30分
      Group Work #2 チームでアイデア共有・決定 (場合によっては一部の大学でオフライン会場も設定する可能性あり)
    • 第7回
      1/20(木)19時00分~20時30分
      Group Work #2
    • 第8回
      1/27(木)19時00分~20時30分
      Group Work #2 ピッチとオンラインでの振り返り (場合によっては一部の大学でオフライン会場も設定する可能性あり)

特別スピーカー

  • ◆ セッションタイトル

    「人生を面白くするキャリアの選択」

    12/2(木)19時00分~20時30分
    (コース2・第1回講義内)
    南場 智子(なんば ともこ)
    南場 智子(なんば ともこ)
    株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役会長
    1986年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。 1990年ハーバード・ビジネス・スクールにてMBAを取得し、1996年にマッキンゼーでパートナー(役員)に就任。1999年に株式会社ディー・エヌ・エーを設立し、現在は代表取締役会長を務める。2015年より横浜DeNAベイスターズオーナー。著書に「不格好経営」。
  • ◆ セッションタイトル

    コオロギの基礎研究から応用研究、そしてスタートアップ起業へ

    1/6(木)19時00分~20時30分
    (コース2・第5回講義内)
    渡邉 崇人(わたなべ たかひと)
    渡邉 崇人(わたなべ たかひと)
    株式会社グリラス 代表取締役会長
    徳島県生まれ、36歳。徳島大学バイオイノベーション研究所・助教、博士(工学)。2013年徳島大学大学院博士後期課程修了後、徳島大学農工商連携センター・特任助教等を経て、現職。大学4回生から15年に渡ってコオロギ研究を継続中で、コオロギを社会の役に立てるべく2019年に(株)グリラスを起業。ゲノム情報、ゲノム編集技術を活用し、食用コオロギをメインに有用昆虫の系統育種の研究を行う。趣味は徳島の美味しい食事とお酒を楽しむこと。実家は徳島市内で飲食店を営む

特別講師

  • ◆ 特別講義タイトル

    一歩踏み出せ!一歩踏み外せ!一歩はみ出せ!

    1/5(木)20時00分~21時00分
    山川 恭弘 (やまかわ やすひろ)
    山川 恭弘 (やまかわ やすひろ)
    バブソン大学 アントレプレナーシップ准教授
    起業道、失敗学、経営戦略、及び国際ビジネスの分野で教鞭をとる。ピーター・ドラッカー経営大学院にて経営学修士課程修了(MBA)。テキサス州立大学にて国際経営学博士号取得(PhD)。10 年間エネルギー業界にて新規事業開発やスタートアップ設立の経験を持つ。 数々の起業コンサルに従事するとともに、自らもベンチャーのボードメンバーを務める。CIC Japanプレジデント / ベンチャーカフェ東京代表理事、WEIN社外取締役他。 日本での近著:「全米ナンバーワンビジネススクールで教える起業家の思考と実践術:あなたも世界を変える起業家になる」

期待される成果

期待される効果

本プログラム受講を通じて、以下のようなスキルの獲得・学びを得ることができます。

  • ◆自ら課題を認識し、解決しようとする力
  • ◆課題設定の手法
  • ◆課題解決に向けたアイデア創出法、デザイン思考
  • ◆スタートアップに関する理解
  • ◆顧客インタビューの手法
  • ◆ビジネスプラン作成の手法
  • ◆受講修了証を発行(※それぞれのコースごとに受講修了証が発行されます。)
【発行条件】 コース1・2:全ての講義、グループワークに参加し、全ての宿題を提出した受講者 ※本プログラムは令和3年度「アントレプレナーシップ人材の裾野拡大に向けたプラットフォーム形成に係る調査分析等業務」の一環として、全国の大学生を対象とした、オンライン形式でのアントレプレナーシップ人材育成プログラムを試行的に実施し、実施上の課題点や成果を調査・分析し、全国の大学等にフィードバックすることで、大学等におけるアントレプレナーシップ教育の取組の改善等に活用してもらうことを目的としています。
APPLICATION REQUIREMENTS

募集要項

  • 開催期間
    開催期間:2021年12月2日~2022年1月(予定)
  • 募集人数
    コース1:最大250名、コース2:最大800名 ※両プログラムの受講も可能です。 ※応募者多数の場合、受講できない場合がございます。お早めに申し込みください。
  • 募集対象
    大学生・大学院生(社会人学生を含む。)
  • 受講料金
    無料(ただし、通信費等は自己負担となります。)
  • 受講内容
    原則、全てのプログラムはオンラインで実施(ただし、大学の協力が得られた場合、一部オフライン実施の会場が設定される場合があります。)
  • 受講資格
    特になし。学部・専攻を問わずご応募いただけます。
  • 開催場所
    オンライン会議ツールZOOM、 オンラインコミュニケーションツールTeamsを使用予定
  • 受講時間
    上記のコース各回の開催時間とは別に、プログラム内容によって個別グループワーク等+αの時間投入が必要
  • 応募受付期間
    2021年11月24日(水)17時 (受付を終了いたしました)
  • 選考結果の通知
    応募後1週間程度を目処に、受講の可否に関わらず、結果をメールにてお伝えします。
CONTACT

お問い合わせ

本プログラムにご関心をお持ちいただきまして、ありがとうございます。 ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせの内容確認後、1-2営業日以内に担当者よりご連絡差し上げます。 ※内容によっては、ご回答にお時間を頂戴してしまう可能性がございます。予めご了承ください。

※数日経過した後に返信ない場合、入力いただいたメールアドレスの誤り/ 事務局回答メールが迷惑メール等に含まれている可能性がございます。 ご確認の上、必要ございましたら再度お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

アントレプレナーシップ人材育成プログラム運営事務局 運営受託者:有限責任監査法人トーマツ entrepreneurship2021@tohmatsu.co.jp 受付/回答時間 10:00~17:00 (土日祝日・年末年始を除く)